アナ雪2にステマ騒動となった漫画家7人とは?Twitterで一斉投稿で炎上!ディズニーの対応は「ステマという認識はない」とコメント

ステマ アナ雪

😆 Twitter上で複数の漫画家がディズニー映画「アナと雪の女王2」のレビュー漫画をほぼ同時刻に投稿し、ステルスマーケティングではないかと指摘されている問題で、ウォルト・ディズニー・ジャパンは「伝達ミスがあり、広告表示がなされなかった。 投稿した漫画家も、完全に狂っている。

16

アナ雪2のステマ騒動とは何?漫画家や広告代理店と経緯をわかりやすく解説!

ステマ アナ雪

🙂 ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社のプレスリリースによれば、12月3日午後のほぼ同時刻に7人の漫画家が同じハッシュタグをつけて一斉に投稿した「感想」漫画は、本来はディズニーによる宣伝であることを明記するはずが、『関係者間でのコミュニケーションに行き届かない部分があり 略 抜け落ちる結果となってしまった』ものであるとのこと。 ウォルト・ディズニー・ジャパンは11日、大ヒット中のアニメ映画「アナと雪の女王2」の感想漫画企画にステマ(ステルスマーケティング)の疑惑が浮上した問題で、今月5日に続き、再び公式サイトで謝罪した。 日本でも同様の動きはあり、大手広告代理店を含めて「どうあるべきか」のルール作りが進んだが、罰則など法的な拘束はない。

「100日後に死ぬワニ」爆死、五輪延期やアナ雪ステマ騒動との残念な類似点

ステマ アナ雪

👉 口コミマーケティングを自主規制する業界団体もある。

16

電通案件とは|100日後に死ぬワニがステマ?アナ雪騒動と同じ会社だと話題に

ステマ アナ雪

🖖 大ヒット映画「ナと雪の女王2」がステルスマーケティング、所謂ステマを行ったと大炎上しています。 今回は、まさかのウォルト・ディズニーが、しかも「アナと雪の女王2」という大作において、ステマと指摘されるような宣伝手法を使っていたという、非常にショッキングな出来事と言えます。

17

アナ雪2のステマ騒動で考えるべき、ステマ疑惑の大きすぎる代償(徳力基彦)

ステマ アナ雪

🤛 ちなみにお金を貰ったかどうかまでは明らかになっていません。 同様の考えを、Instagramを中心にしたインフルエンサー時代に徹底しているのがLIDDELL社長の福田晃一氏だ。

11

「100日後に死ぬワニ」爆死、五輪延期やアナ雪ステマ騒動との残念な類似点

ステマ アナ雪

😇 感想をいうだけなら、何を言っても嘘にはならないから。 この事件を起こした会社が運営していたサービス、ワールドオークションは入札する時に手数料が発生する仕組みのペニーオークションという種類のオークションサイトでした。 本来、これは作品を作った方々からすると、最大の侮辱に近い行為のはずです。

15