「努める」「勉める」「勤める」「務める」

例文 務める

⌚ 「務める」の意味や使い方 「務める」の意味や使い方について紹介します。 1日や数日仕事をするだけでなく、ある程度まとまった期間雇用されて働くことを表します。 倫理的には道徳上行うべき櫃減のことであり、法的には人に課せられる拘束を意味します。

11

「勤める」「務める」「努める」「勉める」の意味の違い

例文 務める

💕 ここに「誠心誠意」で「誠実さ」「まごころ」を添えることで、気持ちを入れ込んで事にあたるという意味になります。 職業を表現する場合の「勤める」と「務める」の使い分けは難しいですが、概して次のような使い分け方があります。 謙譲語で表すには尊敬語と同様に、「型に当てはめるタイプ」と「決まった言い回しのタイプ」の2種類があります。

19

「努める」「勤める」「務める」の意味の違いと使い分けを解説

例文 務める

🖐 『努める』• 勤めるとは 「勤める」とは、「職に就く」「勤務する」といった意味の言葉です。 「勤める」は、上記のように職場に対して使われる言葉ですが、「務める」は役割に対し使われるようになっています。

プロに聞く!就活で志望動機を書くときのポイント【例文あり】

例文 務める

✍ こちらは「勤行」と同義の言葉で、「法事を勤める」などと使います。

17

「努める」「勉める」「勤める」「務める」

例文 務める

👣 その際に就活生が陥りがちなのは、「what」に重きを置いてしまうこと。 「務める」の使い方 務めるという言葉は、具体的な役職などが与えられることが多いので、例えば学校であれば学級委員を務める、生徒会長を務めるなど、そういう言い方になります。

3

「務める・勤める・努める」 の意味と使い分け方!業務や職務、司会はどれになる?|語彙力.com

例文 務める

😔 「働く」とは「仕事をすること」ではありますが、大きな意味で捉えると、「ある目的のために、それを達成するために行なう行為・作用すること」です。

4

「務める」「努める」「勤める」「勉める」意味の違いと具体的な例文

例文 務める

😩 「務める」「勤める」「勉める」は、そもそも「努める」ということばから、派生した意味として使われるようになった言葉なようです。

18